教育・研究

教員一覧

宮本みやもと 有紀ゆき  准教授 Miyamoto Yuki

所属:東京大学大学院医学系研究科 健康科学・看護学専攻 精神保健学/精神看護学分野
講座:精神衛生・看護学
E-mail:yyuki-tky@umin.ac.jp
Webサイト:http://plaza.umin.ac.jp/heart/

略歴

1991年3月
東京都立立川高等学校 卒業
1991年4月
東京大学理科二類 入学
1995年3月
東京大学医学部保健学科卒業
1997年3月
東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻修了 修士(保健学 修医596号)
1997年4月
群馬大学医学部保健学科 助手(臨床看護学・精神看護) 
2001年6月
国立医療・病院管理研究所 リサーチ・レジデント
2002年3月
東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻 博士課程 単位取得退学
2002年6月
東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻 博士(保健学 博医2030号)
2002年4月
財団法人精神医学研究所附属東京武蔵野病院 看護師
2004年4月
東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻 講師 (精神看護学)

教育

担当授業科目(学部)
精神疾病論 ╱ 精神保健学 ╱ 精神看護学 ╱ 精神看護学実習ほか
担当授業科目(大学院)
精神看護学特論Ⅰ
初学者向け研究紹介
精神の健康やこころの幸せを作っていくような、人と人との関係性や日々の暮らしについて考え、活動しています。

研究

研究分野
精神保健学 ╱ 精神看護学 ╱ 相互性
現在の研究課題
・社会(医療保健サービスの場も含む)の中での関係性、特に相互的な関係性はどのような影響を及ぼしているか。
・Intentional Peer Support (IPS)の考え方により、被援助者と援助者間の関係にどのような変化が生じるか。
研究内容キーワード
相互性 ╱ 関係性 ╱ ピアサポート ╱ リカバリー ╱ 精神健康
所属学会
日本看護科学学会 ╱ 日本精神保健看護学会 ╱ 日本クリニカルパス学会 ╱ 日本医療・病院管理学会 ╱ 日本老年看護学会 ╱ 日本公衆衛生学会
著書(10件まで)
  1. 宮本 有紀. 人と人との関係性とリカバリーを考える:インテンショナル・ピア・サポート(IPS)から学んだもの. ブリーフサイコセラピー研究, 2013; 22(1): 1-13.
  2. 萱間真美, 稲田俊也, 稲垣中, 編集協力:宮本有紀, 瀬戸屋希. 服薬支援とケアプランに活かす非定型抗精神病薬Q&A. 東京: 医学書院; 2012. 宮本有紀訳: 第9章 参加型アクションリサーチ. In 坂本明子監訳. リカバリー 希望をもたらすエンパワメントモデル(CatanaBrown. Recovery and Wellness: Models of hope and empowerment forpeople with mental illness. 2002. Routledge). pp206-224. 東京:金剛出版; 2012.
  3. 宮本有紀. 1-3.チーム医療における看護師の役割. 石郷岡純, 岡崎祐士, 樋口輝彦(編).統合失調症治療の新たなストラテジー:非定型抗精神病薬によるアプローチ. 東京: 先端医学社; 2011. pp215-221

その他

趣味

身体を動かすこと、汗をかくこと(テニスなど)

座右の銘

あなたはあなたであればいい

将来の夢

お互いを尊重しあう関係性を築いていくこと

学生への一言

どんな人も、自分は尊重されていると思うことができるような関係性にあふれた社会になったらすてきだな、と思っています。皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。