学科概要

この健康総合科学の目的に到達するためには、ひとびとの健康を支える理論と実践を志向し、自然科学・人文社会科学・そして実践科学の体系的統合を実現する必要があります。そのために、健康総合科学科では、環境生命科学・公共健康科学・看護科学の3 専修を設け、専修間の相互連携を図っています。

健康総合科学科の教育の目標は、ひとびとの健康に働きかけ幸福(ウェルビーイング)の向上に寄与するため、健康総合科学に依拠し、その理論と実践に必要な基礎的知識・技能を修得するとともに、健康に関わり社会に貢献するプロフェッショナルとしての倫理観を育むことです。

wellbeing

学部教育を担当する講座は14 あり、それぞれが大学院医学系研究科(健康科学・看護学専攻、公共健康医学専攻、および国際保健学専攻)に属しています。
教養学部の前期課程から本学科への進学定員は44名です。進学生は全科類枠を含め、理科二類が中心ですが、最近は理科一類も増えており、また、文科各類からも受け入れています。

カリキュラムとしては、教養学部2年後期(A1期)から共通科目を中心に開講され、進学後の3年次A1期から原則として希望専修の科目を履修することになります。

看護科学専修の卒業者は看護師の国家試験受験資格が得られます。