教育・研究

人類遺伝学教室(人類遺伝学分野)

≫教室HP  ≫教室紹介ポスター

教授 藤本 明洋
准教授 馬淵 昭彦

人類遺伝学(Human Genetics)とは「ヒトを対象とした遺伝学」のことであり、分子遺伝学・統計学・生物情報学などを幅広く包括する研究領域です。欧米諸国と異なり、日本国内に人類遺伝学を標榜する研究室はごく僅かですが、ひとりひとりの遺伝素因や体質に応じて最適な医療を選択する「オーダーメード医療」の実現が期待される今こそ、人類遺伝学の研究および知識普及の意義が高まっています。

当教室ではこれまでに、一塩基多型(SNP)の大規模な解析を目的とした「ヒトSNPタイピングセンター」を設置し、遺伝子解析技術の開発および基盤整備を行ってきました。現在では、疾患発症や体質の違いに寄与する遺伝子多型を全ゲノムに渡って網羅的に探索する、ゲノムワイド関連解析(GWAS)という手法を利用して、様々な多因子疾患(複合疾患)の発症に関わる遺伝子多型を探索しています。

さらに、これまでに日本人を対象に実施されたGWASなどの網羅的DNA解析の成果をより多くの研究者に活用していただき、更なる研究への進展を目的として、得られた解析情報を整理・体系化した、「ヒトゲノムバリエーションデータベース」を構築しました。これらの成果が将来の医療に役立てられることを願い、私たちは日々研究を行っています。

研究内容・設備

1. 疾患関連研究

・睡眠障害
・B型肝炎・C型肝炎
・原発性胆汁性胆管炎
・スティーブンス・ジョンソン症候群
・結核
・腎臓関連疾患
・HLA

2. ヒトゲノムDNA解析システム

・ヒトSNPタイピングセンター
・次世代シークエンサー
・新しい多型解析技術の開発

3. データベース・解析ツール

・ヒトゲノムバリエーションデータベース
・GWASデータを利用したHLA遺伝子領域のインピュテーション