教育・研究

精神衛生・看護学教室 (精神保健学/精神看護学分野)

≫教室HP教室ポスター

教授 川上 憲人
准教授 宮本 有紀
准教授 西 大輔
特任講師 今村 幸太郎
助教 渡辺 和広
特任助教 稲垣 晃子

教室の目的は,心の健康問題とストレス分野の研究および教育を国際的視野から推進することである。

教育

学部講義は,健康心理学(2年次),公共健康科学統合講義Ⅱ,心の健康科学,心の健康トピックス(3年次)および精神看護学(4年次)を,実習は精神保健学実習(3年次)および精神看護学実習(4年次)を担当している。卒業論文では,自殺の関連要因や職場のメンタルヘルスなど幅広いテーマを取り上げ卒論生の指導を行っている。

大学院では,健康科学・看護学専攻(修士),公共健康医学専攻(専門職修士),および健康科学・看護学専攻(博士)を担当し,精神保健学および精神看護学の領域の研究者および高度職業人養成を目的としている。修士課程および専門職修士課程では,精神保健学(特論)Ⅰ,Ⅱおよび精神看護学特論Ⅰ,Ⅱを担当し,精神保健疫学のエビデンス,職場のメンタルヘルス,精神看護学研究の最新のトピックス,精神保健学・精神看護学の研究方法論を学ぶ機会を提供している。教室ゼミ(博士課程演習)として,毎週水曜日夕方に院生・研究生による研究発表と学外講師による特別講義を行っている。このほか,自主的な勉強会も開催されている。院生は,自らの関心に合わせて,地域,職場,あるいは医療機関でのさまざまな調査研究や活動に参加している。

修士論文(専門職修士課程では課題研究)は,地域,職場などにおいてデータを収集し,作成する。また博士論文は英文で作成し英文誌に発表することとしている。修士学生の多くは教育・研究者を目指して博士後期課程に進学するが,精神保健・精神看護の専門職として現場で働くことを選択することもできる。博士課程修了者は,研究教育機関(大学や研究所)に就職することが多い。

研究

精神保健学領域では,心の健康問題とストレスの研究を国際的視野から推進しており,主に精神保健疫学,産業精神保健(職場のメンタルヘルス)について研究を行っている(川上教授)。WHO国際共同研究の一環である世界精神保健日本調査は,わが国最大規模の地域住民を対象とした精神疾患の疫学調査である。労働者を対象とした職業性ストレスの健康影響およびこれへの対策の効果評価研究も当分野の中心的な研究活動の1つである。また,インターネット認知行動療法を用いた妊産婦のうつ病予防や,災害時の医療救援者を対象にトラウマ・レジリエンス・心的外傷後成長といったテーマにも取り組んでいる(西准教授)。精神保健学領域の研究テーマとしてはさらに,自殺予防,災害精神保健,国際精神保健などがある。これらの研究の多くは国内外の機関や大学の研究者たちとの共同研究で行われている。

精神看護学領域では,宮本准教授および院生による研究チームが,精神保健および精神看護学全般に関わる諸問題を研究の対象として活動している。研究テーマは多岐にわたり,精神健康に困難を有する人にとってのリカバリー,精神保健領域における健康の自己管理,ピアサポート,精神疾患を有する人の地域生活支援(精神科訪問看護,地域での包括支援等),隔離や拘束などの行動制限最小化,スティグマ,ソーシャルインクルージョン,災害精神保健看護などに取り組んでいる。教室の活動の詳細は教室ホームページをご覧いただきたい。