進学情報

卒業生の進路

健康総合科学科の卒業生は、約半数は学部卒業直後に大学院へ進学しています。就職した卒業生は、健康科学や情報処理の知識を活かして保険会社、製薬企業、コンピュータ関連の民間企業、外資系企業などへ就職しているほか、公務員、金融機関、広告代理店など多様です。看護師の資格を取得した卒業生は、医療施設や地方自治体、企業、病院に就職する者が多いようです。また、臨床経験を積んでから大学院へ進学する者も多くいます。卒業生は皆、概ね希望どおりに就職しており、先輩からの紹介も多くあります。

大学院修了後は多くが教育研究機関に就職します。また、それぞれの専門領域に関連する民間企業や地方自治体に就職する場合もあります。

以下は平成24年度から29年度卒業生の進路についてまとめたものです。

進学先
大学院 83%
 東京大学大学院医学系研究科 51人
 東京大学大学院その他 3人
 京都大学大学院医科学研究科 1人
医学部 9%
 東京大学医学部医学科 2人
 東京医科歯科大学医学部 3人
 群馬大学医学部 1人
その他 8%
就職先
病院 46%
 東京大学医学部付属病院 20人
 東京大学医科学研究所付属病院 1人
 その他一般病院 8人
企業 40%
 商社、放送、金融、IT、教育、製造など 25人
大学 5%
 東京大学 1人
 長崎大学 1人
 日赤秋田看護大学 1人
国・県 3%
 総務省 1人
 岡山県 1人
その他 6%