教育・研究

教員一覧

高梨たかなし さやかさやか  助教 Takanashi Sayaka

所属:東京大学大学院医学系研究科 国際保健学専攻 発達医科学分野
講座:母子保健学
E-mail:sayat@m.u-tokyo.ac.jp
Webサイト:http://www.development.m.u-tokyo.ac.jp/

略歴

2000年3月
千葉大学医学部医学科卒業
2000年5月-2001年2月
東京大学医学部附属病院小児科 研修医
2001年3月-2003年3月
亀田総合病院小児科 医員
2003年4月-2005年3月
成育医療センター膠原病・感染症科 レジデント
2005年4月-2009年3月
東京大学大学院医学系研究科生殖発達加齢医学専攻小児科学 博士課程
2009年4月-2009年7月
東京大学医学部附属病院小児科 特任助教
2009年8月-2012年4月
米国オハイオ州立大学Food Animal Health Research Program 博士研究員
2012年5月-
東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻発達医科学 助教

教育

担当授業科目(学部)
免疫と生体防御 ╱ 学校保健・看護 ╱ 感染症 ╱ 生命環境科学のトピックス ╱ ラボメソ
担当授業科目(大学院)
発達医科学特論II
初学者向け研究紹介
小児期によくみられる感染症、特にノロウイルスやロタウイルスに代表される急性胃腸炎の原因ウイルスについて、世界各地の研究者と連携の上、その頻度や遺伝子的変化について検討し、ワクチンなどの予防策の開発・改善に繋がるよう研究を行っています。

研究

研究分野
小児感染症学 ╱ 臨床ウイルス学
現在の研究課題
下痢原性ウイルスの経時的分子疫学的検討
ウイルス性疾患の迅速診断法の開発と評価
研究内容キーワード
胃腸炎ウイルス ╱ 分子疫学 ╱ 迅速診断法
所属学会
日本小児科学会 ╱ 日本小児感染症学会 ╱ 日本感染症学会 ╱ 日本ウイルス学会 ╱ 日本臨床ウイルス学会 ╱ American Society for Virology
著書(10件まで)
  1. 高梨さやか, 牛島廣治.ノロウイルス感染症. 小児内科, 46: 92-96, 2014.
  2. 高梨さやか, 牛島廣治.ロタウイルスワクチン,ノロウイルスワクチン.臨床と微生物, 41: 741-748, 2014.
  3. 高梨さやか. 専門医から若手ドクターへの提言. Up-to-date子どもの感染症, 4:32-35, 2014.
  4. 牛島廣治, 沖津祥子, 早川智, Leera Kittigul, 高梨さやか. ロタウイルスワクチンによるヒトと環境中のロタウイルスの動向. 臨床とウイルス, 42; 5: 231-236, 2014.
  5. 高梨さやか. 世界の小児医療:俯瞰的視野をもつことの大切さ. 小児内科, 47:135-137, 2015.
  6. 井上茉南, 高梨さやか, 牛島廣治, 沖津祥子, 崎山弘, 水口雅. 定期接種ワクチンとロタウイルスワクチン累積接種率の比較. 日本小児学会雑誌, 119: 525-537, 2015.
  7. 高梨さやか, 牛島廣治. ノロウイルスワクチン開発の現状と問題. 外来小児科, 18:178-183, 2015.
  8. 高梨さやか. おなかのかぜに効く薬はあるの?. チャイルドヘルス, 18: 37-40, 2015.
  9. 牛島廣治, Thongprachum Aksara, 高梨さやか. ウイルス性胃腸炎の我が国における現状. 最新医学, 70:2238-2246, 2015.
  10. 高梨さやか. 新規ワクチンに求められている状況と課題. そんりーさ, 12: 9-10, 2015.

その他

趣味

旅行、子供のための絵本探し

座右の銘

実るほど頭を垂れる稲穂かな

将来の夢

研究成果を小児科の臨床現場に還元して、子供の笑顔を増やすこと

学生への一言

感染症という切り口でGlobal healthを考える取り組みを一緒に行ってみませんか。