教育・研究

教員一覧

近藤こんどう 尚己なおき  准教授 Kondo Naoki

所属:東京大学大学院医学系研究科 公共健康医学専攻 健康教育・社会学分野
東京大学大学院医学系研究科 健康科学・看護学専攻 健康社会学分野
(協力講座)社会医学専攻 保健社会行動学分野
講座:保健社会学
E-mail:nkondo@m.u-tokyo.ac.jp
Webサイト:http://plaza.umin.ac.jp/~naoki_kondo/

略歴

2000年3月
山梨医科大学医学部医学科卒業
2002年7月
山梨医科大学医学部保健学II講座・助手
2005年3月
山梨医科大学大学院医学系研究科博士課程(医学)終了
2006年8月
ハーバード大学公衆衛生大学院研究フェロー(武見国際保健プログラム・フェロー,安倍フェローシッププログラム・フェロー)
2010年4月
山梨大学大学院医学系研究科社会医学講座・講師
2012年4月
東京大学大学院医学系研究科臨床疫学・経済学分野・准教授
2014年4月
東京大学大学院医学系研究科健康教育・社会学分野(医学部保健社会学講座)・准教授

教育

担当授業科目(学部)
科学論文・表現技術 ╱ 疫学論文の読み方と書き方 ╱ ヘルスサイエンスへの招待 ╱ 社会疫学
担当授業科目(大学院)
社会と健康I,II
初学者向け研究紹介
健康でありたいと思うのは誰もが望むことですが、本人の努力でかなう部分とそうでない部分があります。所得や職業・学歴など、個人がおかれた社会経済状況により、健康状態が著しく異なることがわかっています。そればかりでなく、住んでいる国や地域のあり様によっても健康状態は左右されます。文化や制度・政策・社会関係・所得格差といった社会要因が健康に大きく影響を与える可能性があります。社会と健康の複雑な関係を紐解いていくことで、健康を視点に、あらゆる政策を考えるためのヒントを提示できると考えています。国内外の大規模な調査データや自らが実施する追跡調査により、「健康な社会のあり方」の議論に資するような研究成果を発信することを目指しています。健康格差の原因を明らかにして,どのように社会として対策していけばいいのかについて研究しています。最近では地域や企業とタイアップした「社会実験」に力を入れています。このような作業は「人間ってなんだろう?」という問いへ答えの探求でもあると思っています。

研究

研究分野
社会疫学 ╱ 健康の社会的決定要因 ╱ 健康格差対策
現在の研究課題
健康格差のメカニズムの解明と対策法
研究内容キーワード
1)健康の社会的決定要因に関する10万人の高齢者追跡研究(JAGESプロジェクト) ╱ 2)自治体や企業と連携した健康格差対策のための介入研究 ╱ 3)被災地における高齢者の社会生活と保健活動の在り方に関する研究 ╱ 4)健康格差対策の進め方に関する政策研究 ╱ 5)保健医療情報利用の格差と対応法に関する研究
所属学会
日本疫学会 ╱ 日本公衆衛生学会 ╱ 日本産業衛生学会 ╱ 日本衛生学会 ╱ 日本プライマリケア連合学会 ╱ International Epidemiologic Association ╱ International Health Economics Association ╱ International Society for Social Capital Research
著書(10件まで)
  1. *近藤尚己.健康格差対策の進め方:効果をもたらす5つの視点.(2016年10月、医学書院)
  2. *川上憲人・橋本英樹・近藤尚己(編)(2015)社会と健康:健康格差解消に向けた統合科学的アプローチ.東大出版会
  3. *Kondo N, et al. Global Perspectives on Social Capital and Health. Springer.2013
  4. *Kondo N, Saito M, Hikichi H, Aida J, Ojima T, Kondo K, et al. Relative deprivation in income and mortality by leading causes among older Japanese men and women: AGES cohort study. J Epidemiol Community Health. 2015 Jul;69(7):680-5.
  5. *Kondo N, Rostila M, Yngwe MA. Rising inequality in mortality among working-age men and women in Sweden: a national registry-based repeated cohort study, 1990-2007. J Epidemiol Community Health. 2014 Dec;68(12):1145-50.
  6. *Wada K*, Kondo N (equal contribution), Gilmour S, Ichida Y, Fujino Y, Satoh T, Shibuya K (2012). Trends in cause-specific mortality across occupations among working-age Japanese men during the period of economic stagnation, 1980-2005: Retrospective cohort study. British Medical Journal 344, e1191.
  7. *Kondo N*, Suzuki K, Minai J, Yamagata Z (2012). Positive and negative effects of finance-based social capital on incident functional disability and mortality: An 8-year prospective study on elderly Japanese. Journal of Epidemiology 22(6):543-550.
  8. *Kondo N*, van Dam RM, Sembajwe G, Kawachi I, Subramanian SV, and Yamagata Z (2011). Income inequality and health: roles of population size, inequality threshold, period effects, and lag effects. Journal of Epidemiology and Community Health 22, e11.
  9. *Kondo N*, Sembajwe G, Kawachi I, van Dam RM, Subramanian SV and Yamagata Z (2009). Income inequality, mortality and self-rated health: A Meta-analysis of multilevel studies with 60 million subjects. British Medical Journal, 339(nov10_2), b4471-.

その他

趣味

野山遊び・トレイルラン・園芸・生き物飼育

座右の銘

衣食足りて栄辱を知る

将来の夢

社会とカラダの関係について「へえ!」とうなるような新しい発見をしたい。リタイヤ後は地元名跡のガイドボランティアに。

学生への一言

無邪気な好奇心を持ち、いろいろなアイデアについて語り、学び合いましょう。そうやって学んだことは必ず世の中の役に立つはずです。