教育・研究

教員一覧

薮中やぶなか 幸一こういち  特任准教授 Yabunaka Koichi

所属:東京大学大学院医学系研究科 健康科学・看護学専攻 社会連携講座イメージング看護学
E-mail:kyabunaka-tky@umin.ac.jp

略歴

2001年3月
佛教大学 文学部英文学科卒業
2004年3月
大阪教育大学大学院教育学研究科健康科学専攻 修士課程修了
2008年3月
金沢大学大学院医学系研究科保健学専攻 博士課程修了
2009年6月
東京大学大学院 医学系研究科健康科学看護学専攻老年看護学/創傷看護学分野 客員研究員
2011年4月
東京大学大学院医学系研究科 健康科学 看護学専攻 非常勤講師
2014年8月
東京大学大学院医学系研究科 健康科学 看護学専攻 創傷看護学分野 特任助教

教育

担当授業科目(大学院)
創傷看護学特論I
初学者向け研究紹介
超音波装置を使用したイメージングによる看護技術の手法を臨床現場に導入し、在宅医療に貢献することを考えて、研究しております。

研究

研究分野
イメージング看護学
現在の研究課題
看護ケアをサポートする超音波技術支援システムの開発
研究内容キーワード
在宅医療 ╱ 医用画像
所属学会
日本看護理工学会 ╱ 日本褥創学会 ╱ 日本創傷・オストミー・失禁管理学会 ╱ 日本超音波医学会 ╱ 日本超音波検査学会 ╱ 日本放射線技術学会
著書(10件まで)
  1. Yabunaka K, Matsuo J, Takii M, Hara A, Nakagami G, Gotanda T, Nishimura G, Sanada H. Sonographic visualization of fecal loading in adults: Comparison with computed tomography. The Journal of Diagnostic Medical Sonography. 31: 86-92. 2015.8)
  2. 藪中幸一,飯坂真司, 山本匠, 真田弘美. 超音波検査による褥瘡診断の有用性 (REVIEW ARTICLE). Jpn J Med Ultrasonics. 41: 649-658. 2014.

その他

趣味

映画鑑賞・温泉

座右の銘

愚直に生きる

将来の夢

在宅医療に超音波検査が普及すること