教育・研究

教員一覧

だい 美佐子みさこ  特任講師 Dai Misako

所属:東京大学大学院医学系研究科 健康科学・看護学専攻 社会連携講座スキンケアサイエンス
E-mail:misakod-tky@umin.ac.jp
Webサイト:http://skincarescience.m.u-tokyo.ac.jp/

略歴

2005年3月
群馬大学医学部保健保健学科看護学専攻卒業
2005年4月
慶應義塾大学病院入職
2008年3月
慶應義塾大学病院退職
2008年4月
金沢大学大学院医学系研究科保健学専攻博士前期過程入学
2010年3月
金沢大学大学院医学系研究科保健学専攻博士前期過程修了
2010年4月
金沢大学大学院医学系研究科保健学専攻 博士後期課程入学
2014年3月
金沢大学大学院医学系研究科保健学専攻 博士後期課程修了(博士 保健学)
2010年11月
金沢大学医薬保健研究域保健学系看護科学領域 助教
2018年4月
東京大学大学院医学系研究科 客員研究員兼任
2019年4月
東京大学大学院医学系研究科 社会連携講座スキンケアサイエンス 特任講師

教育

初学者向け研究紹介
リンパ浮腫は、がん術後に生じる慢性的な浮腫です。リンパ浮腫自体は生命に直結する疾患ではありませんが、皮膚の急性炎症(蜂窩織炎)を起こしやすいといった大きな問題があります。日常生活を送る中で、急に皮膚に発疹が出て熱く なり、全身の高熱が出て入院治療を余儀なくされます。これまでの知見から、リンパ浮腫の部分は慢性炎症状態にあることが分かっています。私たちは、この慢性炎症状態と蜂窩織炎との関連性を明らかにするべく、バイオロジーをはじめとする看護理工学の手法を用いて研究を行っています。

研究

研究分野
リンパ浮腫、蜂窩織炎、褥瘡、スキンテア
現在の研究課題
リンパ浮腫患者の蜂窩織炎再発予防プログラムの開発
所属学会
国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会 ╱ 日本創傷・オストミー・失禁管理学会 ╱ 日本看護科学学会 ╱ 日本褥瘡学会 ╱ 看護理工学会
著書(10件まで)
  1. Dai M, Okuwa M, Katayama M, Nakatani T, Ueyama T, Minamiyama T, Iuchi T, Higi K, Sugama J, Sanada H. Addition of vibration to simple lymphatic drainage in the management of breast cancer-related lymphedema: A randomised controlled crossover pilot study. Journal of Society of Nursing Practice, 25(1): 58-66, 2013.
  2. Matsumoto M, Matsuo J, Dai M, Nishizawa T, Matsui K, Ichikawa Y, Okuwa M, Sugama J, Sanada H, Influence of differences in washing methods on skin texture. International Journal of Cosmetic Science, 36(2): 175-181, 2014.
  3. Matsumoto M, Ibuki A, Minematsu T, Sugama J, Horii M, Ogai K, Nishizawa T, Dai M, Sato A, Fujimoto Y, Okuwa M, Nakagami G, Nakatani T, Sanada H. Structural changes in dermal collagen and oxidative stress levels in the skin of Japanese overweight males. International Journal of Cosmetic Science, 36(5): 477-484, 2014.
  4. Dai M, Katayama M, Sugama J, Okuwa M, Ueyama T, Minamiyama T, Ota K, Iuchi T, Matsumoto M, Nakatani T, Sanada H. Imaging of interstitial fluid in skin and subcutaneous tissue using dual-frequency ultrasonography before and immediately after lymph drainage in breast cancer-related lymphedema patients. Journal of the Tsuruma Health Science Society, Kanazawa University, 37(2): 13-21, 2014.
  5. Yusuf S, Okuwa M, Shigeta Y, Dai M, Iuchi T, Rahman S, Usman A, Kasim S, Sugama J, Nakatani T, Sanada H. Microclimate and development of pressure ulcers and superficial skin changes, International Wound Journal, 12(1): 40-46, 2015.
  6. Dai M, Sugama J, Tsuchiya S, Sato A, Matsumoto M, Iuchi T, Maeba H, Okuwa M, Sanada H, Moffatt JC. Inter-rater reliability of the AFTD-pitting test among elderly patients in a long-term medical facility. Lymphoedema Research and Practice, 3(1): 1-7, 2015.
  7. Iuchi T, Dai M, Sanada H, Okuwa M, Nakatani T, Sugama J. Associations between the treatments and outcomes of patients with upper and lower lymphoedema in Japan: A cross-sectional observational study. International Journal of Nursing Studies, 52(5): 913-919, 2015.
  8. Dai M, Sato A, Maeba H, Iuchi T, Matsumoto M, Okuwa M, Nakatani T, Sanada H, Sugama J. Dermal structure in lymphedema patients with history of acute dermatolymphangioadenitis evaluated by histogram analysis of ultrasonography findings: A case-control study. Lymphatic Research and Biology, 14(1):2-7, 2016. doi: 10.1089/lrb.2015.0020.
  9. Dai M, Shogenji M, Matsui K, Kimori K, Sato A, Maeba H, Okuwa M, Konya C, Sugama J, Sanada H. Validity of pocket ultrasound device to measure thickness of subcutaneous tissue for improving upper limb lymphoedema assessment. Lymphoedema Research and Practice, 6(1): 10-23, 2018.
  10. Dai M, Nakagami G, Sugama J, Kobayashi N, Kimura E, Arai Y, Sato A, Mercier G, Moffatt C, Murray S, Sanada H. The prevalence and functional impact of chronic edema and lymphedema in Japan: LIMPRINT Study. Lymphat Res Biol, 17(2): 195-201, 2019.

その他