教育・研究

教員一覧

玉井たまい 奈緒なお  特任准教授 Tamai Nao

所属:東京大学大学院医学系研究科 健康科学・看護学専攻 社会連携講座イメージング看護学
E-mail:ntamai-tky@umin.ac.jp
Webサイト:http://skincarescience.m.u-tokyo.ac.jp/

略歴

2001年3月
金沢大学 医学部 保健学科 看護学専攻 卒業
2003年3月
金沢大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 修士課程修了(保健学修士)
2003年4月-2009年3月
財団法人 聖路加国際病院勤務(看護師)
2012年3月
東京大学大学院 医学系研究科 健康科学・看護学専攻 博士課程修了(保健学博士)
2012年4月
医学系研究科ライフサポート技術開発学(モルテン)寄附講座 特任助教
2012年12月
医学系研究科 健康科学・看護学専攻 老年看護学分野 助教

教育

初学者向け研究紹介
高齢化社会に伴い、寝たきりや認知症によって創部痛を訴えることのできない患者さんが増えています。自ら表現することができない患者さんが感じている痛みを早期に客観的に、かつ非侵襲的に測定できる指標の探索と日常生活に即した測定用具の開発に取り組んでいます。特にこの寄附講座では、看護と工学のコラボレーションを通して、幅広い視点で議論を行い、患者さんのQOL向上に貢献できる研究と実践への応用を目指しています。

研究

研究分野
創傷看護学
現在の研究課題
創部痛の客観的評価指標の開発、乳癌癌性創傷の実態に関する研究
研究内容キーワード
看護理工学 ╱ 創傷ケア ╱ 癌性創傷 ╱ 疼痛
所属学会
日本褥瘡学会 ╱ 日本創傷・オストミー・失禁管理学会 ╱ 日本看護科学学会 ╱ 看護実践学会
著書(10件まで)
  1. 貝谷敏子, 西澤知江, 大江真琴, 玉井奈緒, 岡部勝行, 真田弘美. 脊髄損傷者の褥瘡再発に対する認識と再発のプロセス-12症例のインタビューからの検討‐. 日本褥瘡学会誌. 2012;14(1):49-57.
  2. 大江真琴, 貝谷敏子, 玉井奈緒, 竹原君江, 真田弘美. 靴の種類による足部皮膚温パターンの比較-非糖尿病者における検討-. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2012;16(1):9-14.
  3. 佐藤文, 須釜淳子, 真田弘美, 大桑麻由美, 玉井奈緒, 河崎美保子. 二層式エアマットレス導入による褥瘡の治癒過程と費用対効果. 日本褥瘡学会誌. 2006;8(2):140-7.
  4. 玉井奈緒, 永川宅和, 真田弘美, 紺家千津子, 越野守絵, 米村豊, 松木伸夫:胃切除患者の加齢に伴う栄養状態の実態, 老年消化器病, 15(1): 67-71, 2003.
  5. 玉井奈緒, 真田弘美. がん性創傷(第Ⅳ章 各論:がん患者へのケアとエビデンス症状マネジメントとケアのエビデンス ◆皮膚症状). がん看護. 2012;17(2):232-6.
  6. Ⅴ進行再発乳癌の治療I 皮膚転移, 渡部一宏, 玉井奈緒, 乳癌診療ポケットガイド, 聖路加国際病院ブレストセンター 編, 医学書院, 140-145, 2010
  7. 2.転移乳がんの看護F.皮膚転移の看護, 玉井奈緒, 乳腺外科ナーシングプラクティス, 高塚雄一,初瀬部千代 他 編, 文光堂, 132-133,2009

その他

趣味

観劇

座右の銘

Where there's a will, there's a way.

将来の夢

看護研究で臨床や社会に貢献すること

学生への一言

“人”の身体・こころ、“人”を取り巻く生活や社会に少しでも興味のある方、是非「看護学」を学ぶことで、“人”を理解し、生活や健康を支えることの楽しさや奥深さを一緒に体感してみませんか。