教育・研究

教員一覧

はやし 令奈れいな  特任助教 Ozeki-Hayashi Reina

所属:東京大学大学院医学系研究科 公共健康医学専攻 医療倫理学分野

医療倫理学分野
講座:医療倫理学
E-mail:reinaozk-tky@umin.ac.jp

略歴

2001年3月
札幌医科大学医学部卒業
2012年3月
東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻専門職学位課程修了
2018年3月
東京大学大学院医学系研究科社会医学専攻医学博士課程修了
2018年4月
東京大学大学院医学系研究科医療倫理学分野特任助教

教育

担当授業科目(学部)
健康行動の理論と科学
担当授業科目(大学院)
医療倫理学I
初学者向け研究紹介
患者さんの意向を尊重するためにはどのようなコミュニケーションの仕方がふさわしいのか、医療者はどのような態度で終末期の患者さんとかかわるのが良いのか、などについて、医療倫理学の理論をもとに研究を進めています。臨床に携わる医師や看護師さんたちにとっての現場の困りごとを、医療倫理学的に検討することができるようなわかりやすい研究ができたらとおもっています。

研究

現在の研究課題
進行乳がん患者における終末期化学療法の治療意思決定過程について
研究内容キーワード
終末期医療の倫理 ╱ 医師患者関係 ╱ 医療における意思決定過程
所属学会
日本生命倫理学会 ╱ 日本緩和医療学会 ╱ 日本臨床腫瘍学会 ╱ 日本内科学会 ╱ 日本消化器病学会
著書(10件まで)
  1. 緩和ケアの基本66とアドバンス44.編集 木澤義之、齊藤洋司、丹波嘉一郎.分担執筆 176-177,222-223,228-229,南江堂,2015
  2. チャーリー・ガード事案に見る医療倫理, ◎大関令奈, 三羽恵梨子, 中澤栄輔,赤林朗, 日本医事新報, 第4870号, 27-30, 2017.

その他