教育・研究

教員一覧

村山むらやま 陵子りょうこ  特任准教授 Murayama Ryoko

所属:東京大学大学院医学系研究科 健康科学・看護学専攻 社会連携講座アドバンストナーシングテクノロジー
E-mail:rymurayama-tky@umin.ac.jp
Webサイト:http://ant.m.u-tokyo.ac.jp/

略歴

1984年4月
東京大学医学部附属病院 看護婦(-1990年3月)
1991年4月
東京大学医学部附属病院 看護婦(-1995年3月)
2005年4月
新潟県立看護短期大学 講師(-1999年3月)
1999年4月
埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科 講師(-2003年9月)
2003年10月
東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻母性看護学・助産学分野 講師
2008年9月
日本大学大学院理工学研究科博士後期課程医療福祉工学専攻修了
2012年12月
東京大学大学院医学系研究科 アドバンストナーシングテクノロジー社会連携講座 特任准教授

教育

担当授業科目(大学院)
老年看護学特論
初学者向け研究紹介
2012年12月に設立された講座は、看護の実践現場にある課題に、看護師、看護系教員、医師、そして企業の協力も得て取り組み、科学的なプロセスを経て看護技術を改善・開発していく責務を担っています。その成果を東京大学の進化した看護として発信していくことを目指します。

研究

研究分野
臨床看護学 ╱ 母性看護学・助産学
現在の研究課題
安全・安楽な看護技術の開発,産後の骨盤底障害のリスクアセスメントに関する研究
研究内容キーワード
看護技術 ╱ 日常生活活動の支援 ╱ 骨盤底障害
所属学会
日本母性衛生学会 ╱ バイオメカニズム学会 ╱ 日本看護科学学会 ╱ 日本人間工学会  ╱ 日本助産学会  ╱ 日本睡眠学会 ╱ 看護実践学会 ╱ 日本創傷・オストミー・失禁管理学会
著書(10件まで)
  1. 妊娠経過に伴う睡眠姿勢の変化と呼吸・循環器系への影響.村山陵子,青木和夫,ストレス科学研究,2009; 24: 20-29.
  2. 産褥期の尿失禁に関する調査<第1報>―分娩前後の尿失禁の実態と要因についての調査―.村山陵子,山田正実,井口ひとみ,相沢由美子,丸田好子,佐藤寿美子,日本母性衛生学会雑誌,1999; 40(1): 38-45.
  3. 村本淳子,高橋真理編, 村山陵子,他27名著. ウィメンズヘルスナーシング 女性のライフサイクルとナーシング 女性の生涯発達と看護 第2版. 更年期女性の健康問題と看護. 東京:ヌーヴェルヒロカワ;2010. p.287-315.

その他

趣味

料理、ガーデニング

座右の銘

為せば成る、為さねば成らぬ何事も

将来の夢

看護の実践現場を変え得るようなエビデンスが、臨床のニーズからたくさん生まれること

学生への一言

人の健康とは?健康を守るとは?人の健康のために自分ができることは? ・・・共に、一生懸命考えてみませんか。