教育・研究

教員一覧

小柳こやなぎ 礼恵ひろえ  特任助教 Koyanagi Hiroe

所属:東京大学大学院医学系研究科 健康科学・看護学専攻 看護管理学/看護体系・機能学分野
E-mail:ottonmi0802f-tky@umin.ac.jp

略歴

1992年 3月
東京大学医学部附属看護学校 卒業
1992年 4月
山梨大学医学部附属病院
1994年4月
東京大学医学部附属病院
2001年8月
皮膚・排泄ケア認定看護師認定 褥瘡管理者
2008年3月
東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻修士課程 創傷看護学分野修了
2013年4月
東京大学医学部附属病院 教育・研修・研究室看護師長
2020年4月
現職

教育

担当授業科目(学部)
看護支援技術論 ╱ 基礎看護学Ⅰ ╱ 看護学概論
初学者向け研究紹介
患者中心の医療を行う上では、医療者が心身共により良い状態であることが望まれます。そのために、看護管理学として何ができるか追究したいと思っています。

研究

研究分野
皮膚・排泄ケア認定看護師に関する診療報酬 ╱ 褥瘡対策に関する質評価指標 ╱ 低出生体重児のスキンケア
所属学会
日本看護科学学会 ╱ 日本創傷・オストミー・失禁管理学会 ╱ 日本褥瘡学会 ╱ 看護理工学会 ╱ 日本小児ストーマ・排泄・創傷管理研究会 ╱ 日本小児泌尿器学会 ╱ 看護実践学会
著書(10件まで)
  1. Koyanagi H , Kitamura A , Nakagami G , Sanada H , Sugama J ,Prospective Study on Local Wound Management of Pressure Ulcers in a Critical Colonization State Journal of wellness and health care /Journal of wellness and health care.2019;42(2),23-32.
  2. Iizaka S, Koyanagi H, Sasaki S, Sekine R, Konya C, Sugama J, Sanada H. Nutrition-related status and granulation tissue colour of pressure ulcers evaluated by digital image analysis in older patients. J Wound Care. 2014;23(4):198-206.
  3. Iizaka S, Asada M, Koyanagi H, Sasaki S, Naito A, Konya C, Sanada H. The reliability and validity of color indicators using digital image analysis of peristomal skin photographs: Results of a preliminary prospective clinical study. Ostomy Wound Manage. 2014;60(3):12-29.
  4. 小柳 礼恵, 仲上 豪二朗, 佐々木 早苗, 真田 弘美, 須釜 淳子. 不顕性感染が疑われた褥瘡に創傷被覆材を使用し治癒に向かった2症例.日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌.2018;22(3):316-320
  5. 小柳礼恵, 佐々木早苗, 仲上豪二朗, 真田弘美, 須釜淳子. 創傷治癒遅延状態にある表皮形成期の褥瘡に使用する創傷被覆材の検討. 木村看護教育振興財団看護研究集録 Study for nursing education. 2017;24:16-23.
  6. 小柳礼恵, 大場美穂, 飯坂真司, 真田弘美, 大桑麻由美, 須釜淳子, 榮木実枝. 特定機能病院における褥瘡予防対策評価の質指標の検討. 日本褥瘡学会誌. 2009;11(1):29-39."

その他

趣味

ヨガ、音楽鑑賞、楽器演奏

学生への一言

日本、さらには世界の患者さん達がよりよい状態で過ごせるように、素敵な研究を実践し、素晴らしい結果を出していきましょう。