進学情報

ヘルスサイエンスへの招待

金曜5限 人間・環境一般(D)
「ヘルス・サイエンス概論:ヘルス・サイエンスへの招待」

人間の健康問題を考えるためには、生命科学・行動科学・情報科学・社会科学などの多様なアプローチを統合した学際的努力が必要です。そのためには、生化学・生理学・解剖学・遺伝学などの生命現象の基礎をなす学問だけでなく、疫学・生物統計学・医療倫理学・精神保健学・医療経済学・人類生態学・国際保健学などの保健・医療に関わる応用学問の実践が不可欠です。本授業では、医学部・健康総合科学科の教員が行っている健康社会の実現を目指した実際の研究活動事例を通して、現代が抱える「ヘルス・サイエンス」の問題と将来展望について学びます。
キーワード:健康、人口、人類、統計学、医療経済、社会

教室

2020年度はZoomでおこないます

スケジュール
  1. 4/17 「ガイダンス」小西祥子、「生態学からみた健康」梅崎昌裕
  2. 4/24 人類遺伝学「ヒトの遺伝と情報解析」藤本明洋
  3. 5/1 医療経済学「高齢化社会で医療制度は維持可能か?」橋本英樹
  4. 5/8 生物医化学「感染症の制圧による世界中の人々の健康と幸福への貢献」野崎智義
  5. 5/22  国際保健政策学「温暖化と私たちの健康」橋爪真弘
  6. 5/29 疫学「この健康情報は信用できる?:疫学を踏まえた情報の解釈」松山裕
  7. 6/5 精神保健学「心の健康のしくみ・心の健康を支えるしくみ」西大輔
  8. 6/12 発達医科学「ヒトの脳の発達と障害のメカニズムの解明をめざして」田中輝幸
  9. 6/19 生物統計学「人の集団を科学するための知の技術」大庭幸治
  10. 6/26 医療倫理学「命の終わり方を考える」中澤栄輔
  11. 7/3 社会疫学「社会と健康」近藤尚己
  12. 7/10 生物人口学「妊娠しやすさの科学」、コースのまとめ「命と社会をめぐる諸科学とその統合」小西祥子

講師の都合により日程が変更になる場合があります。講義タイトルは暫定です。

各教室訪問&個別講義

2020年度の本郷キャンパス訪問は中止します。